診療案内 | 大阪羽曳野市にある整形外科|リウマチ、リハビリ、デイサービス、糖尿外来など。

0729576815

デイサービスエンジョイ:0729576818

診療時間:午前9:00~13:00、午後16:00~19:00 休診日:木曜・土曜の午後、日曜、祝日

メールでの相談もお気軽にどうぞ

診療案内

整形外科とは

image

整形外科で扱う疾患は多岐にわたります。一般に四肢及び体幹の外科と言われていますが、背骨、手、足など全身の運動器官の病気や外傷(ケガ)を専門としています。
腰痛や肩こりなど日常誰でも経験する病気から骨折、捻挫、打撲、切り傷などよく見られる外傷(ケガ)、関節リウマチや加齢に伴う変形性関節症などの慢性疾患、それと最近問題となっている骨粗しょう症の診断治療を行います。単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目標としています。
それぞれの疾患に対して分かりやすい説明を行い、診断治療を行います。必要に応じて専門病院も紹介しております。

  • 骨粗しょう症

    骨粗しょう症は年齢が高くなるにつれて骨がもろくなる病気です。少しずつ進行するので、普通は痛みを伴いませんが、転んだ時に骨折をすることがあります。
    当院では、骨粗しょう症をまず正しく理解して頂く事を第一に考え、骨量測定、身長測定、血液検査等で総合的に診断し、最適な治療を行います。

  • 捻挫

    足関節の捻挫は誰でも一度は経験したことがあると思います。
    そのまま放置するのではなくギプスやテーピングで固定しないと、関節に不安定性を残したり、将来の関節の痛み等の原因になります。
    ストレス撮影等のレントゲン撮影を行い、正確な診断をし、確かな治療をする必要があります。

  • 骨折

    骨が折れたり、ひびが入ると、受傷部位がすごく腫れたり、変形したり、動かすと痛いというようなことがおきてきます。
    診察をし、レントゲン撮影を行ったうえで、折れ方、折れた場所に応じてギプス固定等を行ったり、テーピングで固定したりします。手術が必要と判断したら、専門病院を紹介します。

運動器リハビリテーション・スポーツ整形外科

image

運動器リハビリテーションについて

当院では骨折後や手術後、関節の痛みを訴える患者さんに対し、理学療法士をはじめ 講習を受講したセラピストによる予約制の運動器リハビリテーションを実施しています。
また健康寿命をのばし、寝たきりの状態にならないよう、患者様一人一人に合った評価・治療を行い、社会復帰、生活の質の向上を目指しています。

スポーツトレーナーについて

スポーツには、傷害がつきものです。傷害には、急性的なものと慢性的なものの2種類があります。
どちらにせよ痛みがあると、プレーヤーは自分の持っている力を発揮してプレーすることができません。
当院では、受傷した選手をDr.が診断を行い、それに伴って私達がリハビリテーションのプログラムを作成し早期復帰できるよう取り組んでいます。
動作指導やストレッチ指導、トレーニング指導、テーピング等も実施しています。

リハビリテーション科

image

痛めた部位の機能を取り戻し、元の生活に戻っていけるようにするのがリハビリテーションです。腰痛、肩こり、神経痛、靭帯損傷、骨折など、整形外科で扱う疾患に対してリハビリを行っています。個々の関節・筋肉等の機能を改善させるだけでなく、体全体としての機能を回復させることを目標とします。
温熱治療、頚椎・腰椎牽引治療、干渉低周波治療、SSP治療、ハドマー(エアトン)治療、レーザー治療等機器を利用して治療を行う場合とスポーツトレーナーがいろいろな道具を使用し、マンツーマンによる指導で機能を回復させる治療を行います。

リウマチ科

image

関節リウマチは、手や足の関節が腫れて痛み、朝のこわばり等も見られ、手足が動かしづらくなってきます。関節リウマチの原因はまだはっきり分かっていません。しかし最近のリウマチ治療に対する研究は眼を見張るものがあり、リウマチの診断治療は日々新しくなっています。
新しい薬が使われるようになり、リウマチの緩解状態(治ったのと同じ状態)も治療早期から作ることができるようになりました。いろいろな薬の組み合わせがありますが、できるだけ新しい知見を学会・研究会等で取り入れ、患者さまの診断治療に生かしています。血液検査を行い、抗リウマチ薬の副作用やリウマチの活動性をチェックしながら治療を行います。

ページトップへ戻る